top of page

よくあるお問い合わせ


ドローンを飛行させる場合、必ず飛行許可承認申請が必要ですか?

100g以上の無人航空機(ドローン)を

・空港等の周辺

・人口集中区域の上空

・150m以上の上空

・緊急用務空域

で飛行させる場合は、飛行許可の申請、

・夜間での飛行

・目視外での飛行

・人または物件との距離(30m)を確保できない飛行

・催し場所上空での飛行

・危険物の輸送

・物件の投下

をする場合は、飛行承認の申請が必要です。

飛行許可はエリア、飛行承認は飛行方法に関わる申請です。



機体登録をしていない無人航空機(ドローン)を飛行させるとどうなりますか?

2022年6月20日より100グラム以上の機体は登録が義務化されました。機体登録をしていない無人航空機(ドローン)を飛行させると、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられます。



飛行許可承認申請にはどれぐらいかかりますか?

審査には一定の期間を要するため、飛行開始予定日の少なくとも10開庁日以上前(土日・祝日を除く)には申請書類を提出する必要があります。

申請内容に不備があった場合には追加確認に時間を要し、飛行予定日までに許可・承認が得られないことも想定されるため、飛行開始予定日から3~4週間程度、十分な余裕をもった申請がおすすめです。



飛行許可承認を取得せずに飛行させるとどうなりますか?

50万円以下の罰金に処せられます。



飛行計画を通報せずに飛行をさせるとどうなりますか?

ドローンを飛行させる場合、事前に飛行計画(飛行の日時、経路、高度など)を国土交通大臣に通報しなければいけません。

飛行計画通報をせずに特定飛行を行った場合、30万円以下の罰金に処せられます。



飛行日誌を携行しない場合どうなりますか?

ドローンの飛行に関して、飛行・整備・改造などの情報を飛行日誌に記載しなければいけません。

また、ドローンを飛行させる際は、飛行日誌を携行し、求められた時に提示できるようにしておく必要があります。

特定飛行を行う際に、飛行日誌を備えない、飛行日誌に記載すべき事項を記載しない、また虚偽の記載を行った場合は、10万円以下の罰金が処せられることがあります。



事故・重大インシデントが発生した場合、報告をしないとどうなりますか?

飛行をさせた上で、事故や重大インシデントに該当しそうな事案が発生した場合、その日時、場所、事案の概要などを国土交通大臣へ報告しければいけません。

事故等の報告をしなかったり、虚偽の報告を行った場合、30万円以下の罰金が処せられることがあります。

また、負傷者の救護など危険を防止するために必要な措置を講じない場合、2年以下の懲役または百万円以下の罰金が処せられることがあります。


bottom of page